U365 ウチダ学割ストア

【FAQ】PC故障などによる再インストール・別PCインストールするとき

インストール失敗やコンピューターの故障、別コンピュータへの移行などの方法についてご設明します。

再インストール・別PCへのインストールの手順

故障などにより再インストールが必要になった。別PCにインストールしたいときの手順をご案内します。

再インストール理由 選択・入力内容
インストール失敗 ① 再実行します。
  同じPCとネットワーク(LANケーブル接続・無線接続)からの再実行の場合にはダウンロードした認証
  プログラムを再実行することができます。
※エラーになる場合には次項の
インストール済ソフトウェア
の変更
① 使用PCの利用中止を行う。
  ※1台/人しかインストールできないため「使用PCの利用中止」処理を行い、使用中のPCが無い状態にします。
② 既存のソフトウェアをアンインストール・再起動します。
③ インストールしたいソフトウェアを再度ダウンロードしてインストールを実行します。
故障による再インストール ① 使用PCの利用中止を行う。
  ※1台/人しかインストールできないため「使用PCの利用中止」処理を行い、使用中のPCが無い状態にします。
② インストールしたいソフトウェアを再度ダウンロードしてインストールを実行します
別PCへのインストール ① 使用PCの利用中止を行う。
  ※1台/人しかインストールできないため「使用PCの利用中止」処理を行い、使用中のPCが無い状態にします。
② 既存のソフトウェアをアンインストール・再起動します。
③ インストールしたいソフトウェアを再度ダウンロードしてインストールを実行します。

 

使用PCの利用中止

U365ウチダ学割ストアでは、1台のPCでのみインストール頂くことが出来ます。システムでは2台目のインストールと思われる場合に、インストールを許可しないしくみです。
そのため、使用PCの利用状態を中止状態に変更することが必要です。

① ダウンロードサイトにログインします。
② Top Menuから『インストールPC管理(再インストール・別PCへのインストール)』を選択します。

photo

 

③ 『購入情報検索(使用PC管理)』
  該当する注文内容の[選択]ボタンをクリックします。

photo

 

④ 『使用PC検索』
  該当するインストール履歴(ステータスが「利用中」明細の[選択]ボタンをクリックします。

photo
⑤ 「使用PCメンテナンス規約」に同意し、理由を選択・入力して[更新]ボタンをクリックしてください。

photo
⑥ [戻る]ボタンをクリックしてください。『使用PC検索』画面でステータスが「使用終了」になっていれば中止処理完了です。

 

使用PC情報の変更は前回のインストールの翌日から30日以上が経過している必要があります

使用PCの利用中止処理を行うとき、『使用PC情報の変更は前回のインストールの翌日から30日以上が経過している必要があります』というメッセージが表示され中止処理ができない場合があります。
このメッセージが表示された場合、お手数ですがU365サポートデスクまでメールでお問合せください。サポートデスクにて対応致します。

↑